【電動自転車】1歳は前乗せ?後ろ乗せ?1歳で後ろ乗せデビューした感想とメリット&デメリット

お出かけ

こんにちは、ぱぱんだです。

子どもとの外出に便利な電動自転車

お出かけの機会が増えたり、保育園に通い始めたりで購入を検討されている方は多いと思います。

私たちも娘が1歳になる頃に電動自転車を購入しました。

今回の記事は、以下の人を想定して書いております。

電動自転車の購入を検討中の方

・YAMAHAの電動自転車の使用感を知りたい方

・子乗せ電動自転車の購入を迷われている方

・子どもの年齢が一歳頃で、

 前乗せと後ろ乗せで迷われている方

是非最後までお付き合いくださいね!

YAMAHA ”PAS Babby un” を選んだ理由

安い買いものではないので、様々な自転車屋さんで下見をしました。

迷いに迷った結果、

後ろ乗せ電動自転車のYAMAHAの”PAS Babby un” (我が家は2020年モデル)に決定!


↓選んだ決め手は以下の5点です↓

理由①

チャイルドシートに安心感がある

購入当時、娘は1歳。頭の上までチャイルドシートで囲われるので、他社のものと比べて安心感がありました。

理由②

シートベルトの操作が簡単にできる

チャイルドシート後ろのつまみ?をつかむと自動でベルトの巻取りをしてくれます。着ている服によって長さを変えたい時も一瞬で調節できます。

理由③

チャイルドシートの折りたたみができる

駐輪場で高さに限りがある場合でも、低くできるので停めておく場所を選びません。

理由④

スタンド連動式ハンドルストッパーが便利

スタンドを留めると一緒にハンドルが固定されます。

子どもやカゴの荷物をの乗せ降ろしの時にハンドルがぐらつかないので助かってます。

理由⑤

デザインが好き

私が購入したのはマットブラック。

黒ですが、マット加工がしてあるので砂や泥などの汚れが目立ちにくく、大人っぽくてお気に入りです。

一歳頃は前乗せ?後ろ乗せ?

まず、自転車のチャイルドシート自体は、1歳頃~6歳未満まで可能とされています。

前乗せ後ろ乗せ
体重・身長身長100cm以下
体重15kg以下
身長115cm以下
体重22kg以下
 年齢1歳(12ヵ月)以上~
4歳(48ヵ月)未満
1歳(12ヵ月)以上~
6歳(72ヵ月)未満
(※2歳(24ヶ月)以上の使用を推奨)

子どもによって体型が違うので年齢だけで判断せず、身長・体重も参考にする必要があります。

我が家の場合、娘の1歳3か月頃に試乗したときに、安定して自転車に座れる様子でした。

そのため、2歳にはなっていませんでしたが後ろ乗せを購入することに決めました。

※娘は成長曲線の中心あたりで標準的な体型です

後ろ乗せのメリットとデメリット

後ろ乗せのメリット

途中で買い替える必要がなく、長く使える

運転や乗り降りの時、ハンドルがぐらつく心配がない

前カゴが使える

普通通り前から駐輪場に停められる

後ろ乗せのデメリット

走行中、子どもの様子がわかりづらい

電動自転車を使用した感想

自転車での移動がノーストレス

試しに電動なしの自転車に乗ってみましたが、足腰の負担が全然違いました。

坂道であろうと風が強かろうと全く疲れないので、日々片道20分の公園に通っています。笑

乗り降りがしやすい

私は身長が158cmですが、子乗せ仕様ではない通常サイズの自転車だと、乗るまでにかなりぐらついてしまいました。

子乗せ用の電動自転車だとフレームが低く作られているので、乗り降りを安定してできました。

ただ、身長が高めのパパとの共用を考えている方は、インチが大きいタイプを検討してもいいかもしれません。↓


充電の頻度は週1~2回

自転車の使用は週6日くらいで、充電は週1~2回程度です

電池を消耗してくると変わってくるかもしれませんが、今のところ充電の負担は感じていません。

車の使用頻度が減った

ちょっとしたお出かけや買い物は、家計にも環境にも、車より電動自転車がいいです。

充電に電気は使いますが、ガソリンを補充する頻度が減ったのは嬉しいポイントです。

電動自転車購入する時のポイント

自転車を購入する場合、ネットで購入した方がポイントがついてお得な場合が多いです

あさひサイクルやイオンバイクなどは楽天で注文でき、店舗受け取りにした場合は送料がかかりませんでした。

また、実店舗があるお店だと、購入後に店員さんが操作方法や注意事項などを説明してくれます。

不明な点の質問ができるのがとても有難かったです。

万が一故障してもすぐに持ち込めるのも安心できるポイントです。

子乗せ電動自転車購入のトータル費用

ざっと見積もると、全てをそろえるのに15万円ほどかかりました。

※以下は購入当時の値段です(ポイントバック分は含んでいません)

自転車代金           … 約125,000円

諸経費

(保証・防犯登録料など)   … 約5,000円

自転車カバー          … 約4,000円

子乗せレイン・日よけカバー   … 約12,000円


合計         …約146,000円

私は楽天で購入しました。

ポイントバック分は含めていないので実際はもう少し安くなりました。

自転車のカバー


自転車のカバーは安いものもありますが、他所のおうちで破れてしまっているのをよく見るのでしっかりとした素材のものを購入しました。

強風の日も豪雨の日も破けることなく自転車を守ってくれています。

子乗せ用のレインカバー


この子乗せ用のカバーが私の大のお気に入りです。

暑い日の日差し対策になるものを探し、様々な商品を比較して選んだものです。

雨の日はもちろん、日差しの強い日もサンシェードに付け替えられるのでかなり活躍しています。

電動自転車のお得な買い方は?

電動自転車は毎年のように新しいモデルが発売されています。

そのため、前年度モデルなどの型落ち品がねらい目です。

私自身も2020年モデルを2021年に購入し、数万円安く買うことができました。

ちなみに私が購入した2020年と2021年モデルでは、店員さんいわく大きい性能の変化がないということでした。

どうしても最新モデルが欲しい!という方でなければ、

前年度モデルを探してみるのもアリかもしれません。


タイトルとURLをコピーしました